チェコ鶏

元来のチェコ鶏の品種


  • ホーム
  • チェコ鶏の歴史
  • チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏
  • シュマバ鶏
  • 卵の販売
  • 連絡先
  • チェコ鶏の歴史

    チェコ鶏チェコ鶏の歴史は、何世紀も遡ります。1205年には、ボヘミアのチェコの王女マーガレットに、チェコ鶏の群れが、デンマークのヴァルデマー2世との結婚式の際の贈り物として贈呈されたことが言及されています。チェコ鶏の保持の際には、多くの色が用いられましたが、その中でも特に頻繁に扱われていたものが金色と野生的な色になります。チェコ鶏は、一般的に19世紀半ばまでチェコ共和国の領土内に住んでいた農民の鶏や先住民族の鶏の品種から生まれたものです。19世紀半ば以降、これらの土着鶏と海外から輸入された鶏の品種との雑種が増加し、結果的に純粋なチェコ鶏は絶滅状態でした。

    写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, めんどり 写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, おんどり

    この問題を解決するため、1913年8月に、ハブリチクフブロート出身のカレル・シュコダ(1862年2月3日に生まれ、1927年5月1日に死去)はボヘミアン・モラヴィア高地およびフンポレツ地域で発見された農民の鶏の残りの部分から1つの群れを作り出しました。カレル・シュコダは、2つの系統 の維持に成功しました。1つ目は、コモロビセ村からの系統であり、2つ目は、チェスキー・シセンドルフ(現在はストリブルネ・ホリー村の一部)の農場からの系統となります。1924年から1925年には、コモロビセからの系統が認められ、1924年から1925年には、コモロビセからの系統が認められ、チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏と名付けられ、そしてチェスキー・シレンドルフからの系統はチェコ・ヤマウズラ鶏という名がつきました。 クラトヴィおよびドブリス地域に保護されていた原産の鶏の数を増やし、更にその後安定化することに成功しました。以後これらの系統は共に雑種化していきます。1936年に、チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏は経済的に重要な家畜として分類化されました。1985年は、3600羽の鶏の飼育管理が始まりました。そして1992年には、チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏はチェコの一般資源として含まれるようになりました。チェコ鶏のチャボ種は、20世紀の間に作られました。

    写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, 鶏 写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, 鶏

    シュマバ鶏

    元来のシュマバ鶏(チェコ語ではシュマバと呼ばれる)は、ボヘミアの森の麓の中心にて保護されている古い種です。多数の地域のチェコ鶏の中の一種であった可能性が高いです。残念ながら、元来シュマヴァ鶏は絶滅してしまいました。この品種の近代史は、1945年後に始まり、再生された鶏は、元来のシュマヴァ鶏に似ていたビンペルクとカスペルスキー・ホリーの領域から選択されました。これらの鶏は、ロードアイランド州、ワイアンドット、プリマスロック、ニューハンプシャー州のようないくつかの中サイズの鶏の品種で、後にチェコ鶏と交配しました。育種方法の結果は、現在シュマバ品種として知られていますが、実際には本来の品種とは若干異なっています。シュマバ鶏の本来の色は、金色に黒色のスプレーがかかったようなものになっています。

    チェコ鶏 > チェコ鶏の歴史


    Copyright © チェコ鶏, 2008-2017. All rights reserved. Last update: 17. 4月 2017