チェコ鶏

元来のチェコ鶏の品種


  • ホーム
  • チェコ鶏の歴史
  • チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏
  • シュマバ鶏
  • 卵の販売
  • 連絡先
  • チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏

    チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏の特性

    チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏は、光鶏の品種です。この品種は、中央ヨーロッパでの過酷な環境条件によく適応しています。また、非常に気性が激しく、恥ずかしがり屋で、警戒心が高いですが、食べ物を与えたり飼育している際では、大人しくなります。抵抗力も高く、耐寒性もあり、食べ物を掘って見つける際は、大変活発的です。

    写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, めんどり 写真 チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏, おんどり

    雄鶏の重量は2,3〜2,8キログラム、雌鶏は、2〜2,5キログラムとなります。雌鶏は、年間150から190個の卵を産みますが、それらの卵が孵るまで温めることはありません。卵の色はクリーム色(薄茶に黄色がかった色)となっています。チェコ鶏の肉質は、とても優れており、ジューシーで柔らかいです。卵を孵化した後の雌鶏は、ヒナを育てるための非常に良い母性本能を持っています。

    最初から存在していた色は、金ブリンドル(銀虎斑)とヤマウズラでした。以降、金、銀、銀ブリンドル(銀虎斑)、黒、白などの他の色が開発されてきました。このような羽の色の多様性は、羽の色を制御する異なる遺伝子の存在によって引き起こされます。色の相違性も同様の効果からのものです。

    リングのサイズ
    おんどり 18 mm
    めんどり 16 mm

    バンタムチェコの鶏

    チェコ鶏のバンダム品種は、20世紀の間に作成されました。雄鶏の重量は、0,9〜1,2キログラム、雌鶏は、0,7〜1キログラムとなります。雌鶏は、40グラムの重量で、年間100〜120個の卵を産みます。彼らはゴールド・ブリンドルとシルバー・ブリンドルとして保護されています。

    リングのサイズ
    おんどり 13 mm
    めんどり 11 mm

    チェコ鶏 > チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏


    Copyright © チェコ鶏, 2008-2017. All rights reserved. Last update: 17. 4月 2017