チェコ鶏

元来のチェコ鶏の品種


  • ホーム
  • チェコ鶏の歴史
  • チェコ・ゴールド・ブリンドル鶏
  • シュマバ鶏
  • 卵の販売
  • 連絡先
  • シュマバ鶏

    シュマバ鶏の特性

    現在のシュマバ鶏は中型の鶏の品種です。この品種は20世紀後半にチェコにて、元来のシュマバ在来種の鶏の残りから復元されたものです。非常に気性が激しく、恥ずかしがり屋で、警戒心が高いですが、食べ物を与えたり飼育している際ではおとなしくなります。抵抗力も高く、耐寒性もあり、食べ物を掘って見つける際は大変活発的です。身体の急速な成長や若鶏の羽の非常に早い成長も特徴です。多いものは卵の数だけでなくこの品種の肉の量です。バラ色の鶏冠を持っているため、霜に対する耐久性が高いです。これらが理由に、シュマバ鶏は過酷な環境条件によく適応している品種となっています。シュマバ鶏は半分飼育されながら繁殖できるだけでなく、自分で勝手に食べ物を見つけることができるような大きな小牧場で繁殖するのに適しています。

    雄鶏の重量は、2,9〜3,6キログラム、雌鶏は、2,4〜3,1キログラムになります。雌鶏は、年間に重さ58グラム程の卵を180個以上産みますが、それらの卵が孵るまで温めることはありません。卵の色はブラウン色となっています。肉の品質は優れておりジューシーで柔らかいです。雌鶏が不機嫌になることはあまりありません。

    リングのサイズ
    おんどり 20 mm
    めんどり 18 mm

    バンタム・シュマバ鶏

    シュマバ鶏のバンタム品種は、20世紀後半に作成されました。雄鶏の重量は1,1〜1,4キログラム、雌鶏0,9〜1,2キログラムとなっております。雌鶏は、40グラムの卵を年間120個産みます。バンタム・シュマバ鶏の色は、金色に黒色のスプレーがかかったようなもので、尾は黒色です。

    リングのサイズ
    おんどり 15 mm
    めんどり 13 mm

    チェコ鶏 > シュマバ鶏


    Copyright © チェコ鶏, 2008-2017. All rights reserved. Last update: 17. 4月 2017